idd スタッフブログ

旅のお仕事に役立つ情報

i:いつでも、d:どこでも、d:どの端末でも・・・アイディディ・ソフトウェアは
システムを通じて、新しい旅行ビジネススタイルをご提案しています。

Google ローカルガイド
Googleが運営している『ローカルガイド』をご存じですか?
お店や会社、観光地、観光施設などのクチコミ、写真を投稿するとGoogleの検索一覧画面やGoogleマップに自分が投稿した情報が表示される地域を応援するコミュニティです。世界中の一般人のローカルガイドが、日々膨大な情報を投稿しています。
Google検索画面やGoogleマップで検索バーに「アイディディソフトウェア」と入力し、試しに検索してみてください。そこに表示されるクチコミや写真のことです。
【Google検索一覧画面】                             【Googleマップ 検索表示画面】
Google検索 Googleマップ
ローカルガイドは無料で誰でも簡単に登録することができます。投稿したクチコミ、写真の数(ポイント)に応じてレベルが1から5まで上がっていき、レベルに応じた特典があります。
詳しくは⇒こちら
レベル2までは簡単になれますが、50ポイントのレベル3になると自分のプロフィール写真にローカルガイドバッジが表示され存在感をアピールできます。200ポイントのレベル4になると、Googleドライブのストレージを100GB 1年間無料で利用できます。(今年の7月までは1TBもらえました)最上位のレベル5になるためには500ポイントが必要ですが、レベル5になるとGoogleの社員と同じように一般リリース前にGoogleの新しいサービスや機能をテストすることができます。因みに私は先日 レベル5を達成し大変喜んでおります。

ローカルガイドになって観光や旅行に出かけた際、クチコミや写真をアップしていくことが楽しみになり、旅を2倍楽しめますよ。お客様に教えてあげれば喜ばれ、旅行の楽しみも増えるので一石二鳥ですね。
Google 公認フォトグラファー
もうひとつ、このブログでも何度かご紹介しているGoogleストリートビューのお話です。
スマートフォンや専用カメラで撮影した360°全天球写真をGoogleマップに投稿してもローカルガイドのポイントが加算されます。そして360°全天球写真の投稿数が50を超え、Googleの要件を満たし審査に通ると『ストリートビュー 公認フォトグラファー』になることができます。今年の7月にGoogleから突然「おめでとうございます」というメールがきて私も公認フォトグラファーに選ばれました。公認フォトグラファーになると、ストリートビューのプロフィール写真に認定バッジが表示され、Googleの名前を使って店舗などの写真撮影(インドアビュー)を請け負うことができます。
詳細は⇒こちら

Googleから届いた嬉しいメール(公認フォトグラファーとローカルガイド レベル5)
IMG_7738     IMG_9144
国内・海外の観光地を日々回っている旅行会社の皆さんは、是非 ローカルガイド レベル5、ストリートビュー公認フォトグラファーを目指してチャレンジしてみてください。名刺や自己紹介に記載すると、お客様の信頼度もUPし仕事にも大いに役立つと思いますよ。

「g suiteロゴ」の画像検索結果
「g suite logo」の画像検索結果
しばらく更新がおろそかになり、申し訳ございません。

今回はGoogleが提供するグループウェア Google Suite(G Suite)をご紹介します。10年前にGoogle Appsという名前でサービスがスタートしましたが、先月末 名称がGoogle AppsからG Suiteに変更されました。
G Suiteとは、メール・カレンダー・ドライブ・ハングアウト(TV会議)などをGoogleアカウント(@gmail.com)ではなく、自社ドメイン(@△△△.co.jpなど)で利用できるビジネス向けのサービスで、Googleが企業向けに最も力を入れている製品です。
グループウェアと言えば、サイボウズやLotus Notesなどが有名ですが、Googleのクラウドのノウハウ・実績をバックに急成長していて、革新的な世界中の企業がG Suiteへ切り替えています。日本国内では3年前に全日空がそれまでの自社管理からG Suite(当時はGoogle Apps for Works)に移行していて、現在国内では最も多いアカウント(49,000ユーザー)を利用しています。詳しくは ⇒ こちら
当社でも7年前から利用していますが、その使い勝手の良さ・サービスの進化のスピードは目をみはるものがあります。(使い慣れると、どうして今まであんな面倒なメールサービスや高いソフトを使っていたのだろうと後悔するはずです)

今から20年ほど前にパソコン、インターネットやメールが世の中に現れ、仕事のスタイルがそれまでとは大きく変わりましたが、6~7年前からブームになっているクラウドやiPhone、iPad、Android携帯、タブレット端末などの普及により、また大きく仕事のスタイルが変わろうとしています。
これまでは仕事はオフィスで行うことが当たり前でしたが、今では世界中どこにいてもオフィスと全く同じ環境で仕事ができるようになりました。それを支えてくれるのがG Suiteだと思います。

G Suiteの特長・メリットはとても一言ではご説明できませんので、興味がある方はG Suiteサイトをご覧ください。⇒ こちら
利用料金はBasic(容量30GB)が、1ユーザー/月額500円、保存容量無制限の Businessが1ユーザー/月額1200円です。すべてのデータはセキュリティ万全なGoogleのデータセンターに保存され、従来使っていたメールサーバーやファイルサーバーなども不要になるので、トータルで考えれば大変リーズナブルだと思います。1ケ月間、10ユーザーまで無料試用できますので、まずは実際に使ってみて機能を確認してみてください。
自分で設定が苦手という方は、現在使っているメールやグループウェアからの移行など、有償でサポートしてくれる会社がたくさんありますので、相談してみてください。

G Suiteをうまく使いこなすコツは、徹底的に提供されているすべてのサービスを使いたおすことです。メールはGメール、スケジュール管理はGoogleカレンダー、ExcelはGoogleスプレッドシート、ワードはGoolgeドキュメント、パワーポイントはGoolgeスライド、スカイプやTV会議はハングアウト・・・機能的には少々物足りないところもあるかも知れませんが、それをはるかに上回る様々なメリットがあります。

※G Suiteを利用すれば、通常Googleアカウント(@gmail.com)でログインしている当社システム(TRAVEL worker)を、ふだん使っている自社ドメインでそのままログインできます。(別途費用要) 

旧態依然としたビジネススタイルを続けるか、G Suiteを活用した新しいビジネススタイルにチャレンジするか、あなたはどちらを選ばれますか?

2016福岡セミナー
久し振りにトラベルワーカーの発表セミナーを開催させていただきます。これまで東京・大阪・名古屋で開催いたしましたが、今回は初めての福岡(博多)です。今年は九州地区(とくに熊本)は地震・豪雨で大きな被害を受けられましたが、一日も早く平常に戻っていただきたいという願いも込めて九州で開催させていただきます。
九州地区・山口県の旅行代理店の皆様のご来場をお待ち申し上げます。

◆トラベルワーカー 発表セミナー◆

日 時:2016年9月14日(水) 14:00~16:00 (13:30より受付開始)
費 用:無料
定 員:40名様(先着申込み順) ※1社2名様まで
     定員になり次第、締め切らせていただきますのでお早めにお申込みください。
会 場:リファレンス 大博多貸会議室 1108号室(JR博多駅 博多口より徒歩7分)
     福岡市博多区博多駅前2丁目20-1 大博多ビル11階 TEL:092-292-5754
     会場地図 ⇒ こちら
内 容:ご挨拶(トラベルワーカーのご紹介・システムの特長)
     『トラベルワーカー』デモンストレーション
     料金体系・申込方法・サポート内容ご説明
     質疑応答
申 込:セミナー参加お申込みは ⇒ こちら
主 催:株式会社アイディディ・ソフトウェア

※新規旅行代理店様向けのセミナーですが、既にトラベルワーカーをご利用いただいているユーザー様も是非お越しください。

※また、当日ご都合の悪い場合は『遠隔リモートデモンストレーション』でいつでもシステムをご覧いただけますのでお気軽にお申込みください。 ⇒ こちら

何卒、よろしくお願い申し上げます。

win10
7月29日のWindows10への無料アップグレード終了にともない、Microsoftの強引な誘導策で世の中が非常に騒がしくなっています。5月中旬頃から、強制的にWindows7や8.1からWindows10にアップグレードされてしまい、これまで動いていたソフトや周辺機器が動かなくなったり、元に戻すのに失敗してパソコンそのものが立ち上がらなくなったり・・・、Microsoftへの非難轟々の声は日に日に高まっています。新聞などでは、Windows10にアップグレードしない方法や、万一アップグレードした場合に元に戻す方法の特集を組むなど、何とも不思議な現象が起きています。新しいOSがリリースされることを待ち望み、歓喜の声をあげていた時代も今や昔です。
なぜ、こんなことになってしまったのでしょうか。そこには様々な要因が含まれていますが、私なりに分析してみたいと思います。今から20年ほど前の1995年、Microsoftは『Windows95』をリリースしインターネットの普及ともあいまって大躍進を続けてきました。新しいOSやExcelに代表されるオフィスソフトをライセンス販売し、ビルゲイツ氏は巨万の富を築きました。
しかし、5~6年前からiPhone、Androidなどのスマホ、iPadなどのタブレット端末が普及し、一般消費者のパソコンに対するニーズがどんどん下がってきました。そしてGoogleに代表されるクラウドブームが到来し、日常の殆どの作業がブラウザ(インターネット)だけで完結するようになってきて、消費者はサクサク動いてフリーズしないパソコンを望むだけで新しいOSは不要な時代となりました。
稼ぎ頭のオフィスソフト(Excel、Word、Powerpoint)も、Googleスプレッドシートをはじめ無料で使いやすいソフトがどんどん生まれ、またビジネスでは不可欠だったサーバーもクラウド時代となり無用の長物となりつつあり、Microsoftには逆風が吹き続けています。
(個人的には、Microsoftの功績には敬意を表しますが、高いライセンス商売のツケがやってきたと思っています。)
更に辛いのは、これまでどんどん新しいOSをリリースしてきたため、売上低下とは関係なくサポートしなければならないOSの数が増え続け、その悩みを一気に解消したいため今回の暴挙に出ざるを得なかったのではないでしょうか。驕れる者は久しからず・・・という言葉を思い出してしまいます。

セキュリティ面や今後のサポートを考えるとWindows10に上げた方が良さそうだし、不具合やトラブルを考えるとこのまま7や8.1を使い続けた方が良さそうだし・・・上げるべきか上げざるべきか 悩みはつきないところです。

因みに弊社が提供する『トラベル・ワーカー』はインターネット環境さえあれば稼働し、OSに依存しませんのでそんな悩みは全く不要ですよ。

myanmar_bagan
弊社が提供する旅行業務基幹システム トラベルワーカーのTOPページは季節ごとに
イメージ画像を替えています。
※2015年8月26日の記事でも紹介しています。 ⇒ こちら
今週から、そのTOPページに新シリーズが登場しました。テーマはAmazing World
絶対一度は行ってみたい・観てみたい世界の絶景や体験したくなるようなフェスティ
バル・カーニバル、映画や文学の世界に登場する憧れのシーンなどを由来やエピソー
ドを添えて毎月ご紹介していきます。
旅行会社の皆様の企画などに役立てていただければと思っています。

その第一弾はミャンマー マンダレー地方のバガン遺跡。カンボジアのアンコールワッ
ト、インドネシアのボロブドールと共に世界3大仏教遺跡に数えられています。
広大な平野の上に遺跡が点在しており、特に朝焼け・夕焼けに染まる遺跡群の姿は息を
のむ荘厳さです。

↑このページのトップヘ