idd スタッフブログ

旅のお仕事に役立つ情報

i:いつでも、d:どこでも、d:どの端末でも・・・アイディディ・ソフトウェアは
システムを通じて、新しい旅行ビジネススタイルをご提案しています。

hojin_sales_billboard02旅行業務支援システム『トラベルワーカー』に新しいオプションサービスがリリースされました。
オプション名は『法人セールス支援システム』、主に国内の団体手配旅行をメインにされている旅行会社にオススメのシステムです。

団体手配旅行の商談は、まず日程表や見積書を提案するところからスタートします。専用の日程表・見積書作成システムを利用されている会社もありますが、殆どの旅行会社は各営業マンがExcelやWordなどを利用して各自で自分の好みで作成されていると思います。通常は2~3パターンの日程表・見積書を作成し、受注すると請求書発行などのため、再度 同じような内容のデータを社内のシステムやExcelに入力されています。

今回リリースしました『法人セールス支援システム』は、そんな営業スタイルを一新することが出来ます。セールス案件 一覧表示画面
営業マンはセールス案件が発生したら、まず案件登録を行い日程表や見積書を作成します。ひとつの案件に対し、複数のパターンの日程表や見積書が作成できます。見積書は手配旅行(税込・税抜)、受注型(包括)などのパターンで印刷できます。見積/原価計算書も5パターンで印刷できます。また、人員区分別にも対応していて、先生・生徒、ゴルフ組・観光組・・・など、5つの区分が設定できます。
見積/原価 登録画面また、商談を受注すると『受注処理』を行うことにより、見積書作成のために登録した見積金額や利用施設、仕入先などのデータをもとに自動的に予約カルテを生成し、予約管理や請求書発行、経理処理などに活用できます。
社内のパソコンだけではなく、自宅のパソコン、タブレット、スマートフォンでも使えますので、セールス中や添乗中などどこでも仕事が出来ます。営業マンのセールス活動の効率が大幅にUPすると思います。

オプション費用も、初期費用不要、月額利用料¥5,000(税別)と大変リーズナブルです。

『法人セールス支援システム』の詳細は ⇒ こちら
日程表01a見積書1

トラベルワーカー 6月前半TOPページ    
2020_beautifuljapan_june01








3~4月頃を思うと、新型コロナの感染者拡大も一旦落ち着いてきて、世の中が徐々に前を向いて動き始めているように感じます。ただ、またいつ大きな第二波がやってくるかも知れずコロナを完全に押さえ込める時がくるまで、人類はコロナと共に生きることとなります。
働き方も大きく変わりました。コンピュータ業界では10年ほど前からクラウドが主流となり、「ノマドワーキング」「ダイバーシティ」「SOHO」など働き方の新しい言葉も生まれました。ただその普及は一部の業界・業種に留まっていました。
今回の新型コロナによりここ数ヶ月で一気に「テレワーク」が拡がりました。今まで毎日当たり前のようにオフィスに出社していた生活ががらっと変わり、苦労もありましたがいろいろな経験・収穫もあり、価値観も変化してきました。
将来コロナが収束しても、この新しい働き方(テレワーク)は元に戻ることはないと思います。

多くの旅行会社もテレワークに切り替えられましたが、テレワークとは名ばかりで殆ど臨時休業という状態ではないでしょうか。真のテレワークとは、従来のオフィスで仕事をするのと全く変わりなく、場合によってはそれ以上に効率よく仕事をすることです。そのためには前回のブログ(4/16)でもお伝えしましたが、まずテレワークを行うための環境を整えなければなりません。スタッフ全員が、どこにいても、社内のすべての情報を共有できる環境づくりです。大きくは社内の書類(データ)と基幹システムの2点を整備すればテレワークは今日からでも始められます。

当社システム(トラベルワーカー)は10年前の発売以来、『いつでも、どこでも、どの端末でも・・・。今いる場所がオフィスになる!』をキャッチフレーズとして、旅行会社の皆様に新しい働き方を提案して参りました。
今回のコロナで、当社のユーザー様は何の手間をかけることもなくテレワークを実践されておられ、大変評価いただいています。テレワークで活用されているユーザー様の事例をご紹介します。

トラポル合同会社様(大阪府大阪市)
trapol04
昨年10月に設立された新しい会社です。関西電力のグループ会社として、社内ベンチャー制度「起業チャレンジ制度」を活用された新しいビジネスモデルの旅行会社です。
ベトナム・ホーチミンへの旅行で、旅行者は事前にLINEのチャットメッセージで現地のローカルガイドとやり取りを行い、旅行の際は日本のお土産を現地の方に届け、現地の方から日常的に利用するローカルスポットに案内してもらい現地で様々な交流が出来るという、これまでにないユニークな旅行スタイルです。
trapol03また、これまで外部に委託されていた関西電力グループ社員の出張手配も、取り扱いを開始されました。4月からは大阪市内の旅行会社も統合され、旅行会社としての基盤を確立されています。社名の「トラポル」はトランスポート(Transport)とトラベル(Travel)を組合せた造語で「届ける、それが旅になる」をコンセプトに名付けられました。
トラポル様ホームページ :https://trapol.co.jp/
※詳しくは、当社のホームページ(導入事例)をご覧ください。⇒ こちら


株式会社ミツワトラベル様(兵庫県川西市)
mitsuwa03
ミツワトラベル様は兵庫県川西市で「みつわバス」を利用したバス型旅行をはじめ、国内外、団体手配や修学旅行などオーダーメイド旅行を主に幅広い商品を取扱い、地場に密着した旅行商品の販売を手がけられています。
平成2年(1990年)に株式会社ミツワ旅行部門から分離独立し、株式会社ミツワトラベルとして事業をされています。mitsuwa02親会社の株式会社ミツワ様は燃料(LPガス)販売やガソリンスタンド、携帯ショップやカフェなど様々な事業を展開されています。
ミツワトラベル様ホームページ: http://www.mitsuwa-gr.co.jp/_mitsuwatravel/index.html
※詳しくは、当社のホームページ(導入事例)をご覧ください。⇒ こちら

トラベルワーカー 4月後半TOPページ      2020_japan_shimane_02










国内で初めてとなる緊急事態宣言も発出され、増々混迷度合い深まってきました。収束糸口見えず、「打つ手ない」と言う正直なところだと思います。
ただ、これから当分は時間はたっぷりあり何もしないで無為過ごすあまりも勿体ないことではないでしょうか。今は先見えなくても、いずれ事態収束し旅行需要も戻ってきます。そ備えふだん出来ない社内体制強化取り組まれてはいかでしょうか。

旅行会社様環境、規模よっても取り組みは異なると思います、下記要件具体的実行されてはいかでしょうか。
(長文となります、是非ご一読ください。)

1.いつでもテレワークが行える環境づくり
トラベルワーカーはインターネット環境さえあれば自宅パソコンでもスマホでも、タブレットでも利用出来ますでテレワークは全く問題ありません
一番課題は、社内PCやサーバー保存している様々なデータです。データどこからでも、ど端末からでも使えるようすれば、テレワーク環境はほぼ整ったと言えます。新型コロナが収束しても、テレワークうまく取り入れることより優秀な人材確保や労務管理、事務所経費節減など役立てることが出来ます。

具体的『クラウド』サービス利用することです。世はたくさんクラウドサービスが提供されていますが、オススメは下記ふたつサービスです。詳しくは各サービス紹介サイトご覧ください。
①Googleドライブ
トラベルワーカー利用するため皆さんGoogleアカウント持っておられそアカウントで無料で利用出来ます。
※15GBまで無料、容量追加しても大変安価です。
詳しくは ⇒ https://www.google.co.jp/drive/
②ドロップボックス
ドロップボックス社(アメリカ)が2008年から提供しているサービス。操作違和感がなく使い勝手がよいサービスです。
※2GBまで無料、それ以上は月額利用料がかかります。
詳しくは ⇒ https://www.dropbox.com/ja/ 

【ポイント】
必要な情報(データ)は社内PCやサーバー保存せず、いつ(たった今)ハードウェアがクラッシュしても全く影響ない環境作ることが重要です。そためは、ふだんからクラウドデータ保存する習慣つけることが大切です

2.顧客データ(法人・個人)整備
会社中で最も大切な『顧客データ』です。まだトラベルワーカー登録していない顧客データ(法人・個人)や、これまで名刺交換したお客様、見込み客リストなど時間見つけて登録されてはいかがでしょう。また既登録したデータは、ダブリや不備データ(歯抜け)などがたくさん出来ていると思いますで、メンテンナス行ってください。
  
3.Googleカレンダー、Googleドライブ、Googleフォト活用
個人的Googleカレンダー、Googleドライブ、Googleフォト利用されておられる方も多いと思いますが会社として活用することオススメします。
Googleカレンダーは自分だけスケジュール管理は勿論、社内スタッフで共有出来ますでお互い予定瞬時把握でき、スケジュール確認する手間が省けます。PC、スマホ、タブレットなどど端末でも同期され、通知より設定した時間通知されるで、うっかり予定忘れてしまうこともありません。
トラベルワーカー個人顧客・法人顧客・仕入先・関・ToDoはGoogleカレンダー予定作成ご用意しており、ワンクリックするだけでカレンダー予定登録出来ます。

Googleドライブは上記でもご紹介しましたが、すべてデータ(Excel、Word、パワーポイント、PDF、写真・・・)保存出来ます。またExcel準じた「Googleスプレッドシート」、Word準じた「Googleドキュメント」、パワーポイント準じた「Googleスライド」も用意されています。操作性はマイクロソフト製品と比べて劣るところもありますが、慣れれば大変使い勝手がよいツールです。作成したデータはすべてWEB上あり、複数人数で同時参照・編集が出来ますで共同作業行う場合向いています。またGoogleドキュメントエディタ形式で作成したデータは容カウントされず無制限で  無料で使用できるも特長です。
詳しくは ⇒ https://www.google.co.jp/drive/

データ中でも容量食う写真はGoogleフォト利用するこオススメします。容量無制限で無料で利用出来ます。スマホで「Googleフォト」アプリインストールしておけば、撮影と同時自動的「Googleフォト」アップロードされ、パソコンやタブレットで見ることが出来ます。自分だけではなく他人と共有することも出来るで、ツアー中写真アルバム作成し参加者リンクアドレス案内するだけで写見ていただくことが出来るでお客様も喜ばれリピータ化も役立ちます。

4.ToDoリスト活用
日々行うべき作業や予約進捗状況などカルテや集客管理表、Excelなどで管理されているケースが多いと思います。
トラベルワーカー『ToDo管理』利用することより、ペーパーレス化が実現できます。テレワーク行うためも、『ToDo管理』は必須です。

5.「日程表」「見積書」整理・雛形作成
トラベルワーカーオプションソフト「見積書」「国内日程表」「海外日程表」、今年1月リリースいたしましたオプションサービス「法人セールス支援システム」ご利用いただいているユーザー様は、旅行需要が戻ったとき備え見込み客迅速提案できるよう、見積書」「日程表」モデルパターン登録されてはいかがでしょうか。
また、Excel等で「見積書」や「日程表」作成されている場合は、これまで作成されたも整理しモデルコースとして、上記でご案内したGoogleドライブなど保存し共有すれば、社内皆さんで活用することができます。
  
乗り切るため、弊社はユーザー様お役立ちたいと願っております。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

トラベルワーカー 2020 TOPページ      2020_Japan_shizuoka











新年明けましておめでとうございます。

今年も何卒よろしくお願い申し上げます。

昨年11月、創立10周年を迎える事ができました。これもひとえに全国のユーザー様のご支援の賜物と大変感謝しております。これからも引き続き『トラベルワーカー』をよろしくお願い申し上げます。

今年一年の、皆さまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

IDD20190205b
Googleのクラウドサービスを利用した旅行業務支援システム『トラベルワーカー』の新しいパンフレットが出来上がりました。

弊社はおかげさまで今年11月に創立10周年を迎えます。これもひとえに、システムをご利用いただくユーザーの皆様、旅行業界の皆様、お取引先の皆様のご支援の賜物と感謝しております。
発売当初はまだ「クラウド」という言葉もそれほど認知されていませんでしたが、現在ではすっかり定着してきました。

10周年を記念してパンフレットをリニューアルしました。これまでのパンフレットの2倍のページ数(24ページ)で、画面イメージや帳票サンプルも多く掲載し、より詳しくシステムの詳細をご紹介しています。
また、実際にご利用いただいているユーザー様の声も「トラベルワーカーが選ばれる理由」としてご紹介しています。
是非、実際のパンフレットを手に取ってご覧ください。
パンフレットのご請求は ⇒ こちら

これからもユーザー様のご要望やご意見、時代の変化、最新のテクノロジーを取り入れ、トラベルワーカーを成長させて参ります。何卒、よろしくお願い申し上げます。


↑このページのトップヘ