idd スタッフブログ

旅のお仕事に役立つ情報

2016年01月

Google Street View
360° 自由自在に風景が見えて、まるでその場にいるような臨場感が味わえるGoogleストリートビュー、皆さんもよく使って感激されているのではないでしょうか。
そのストリートビューに簡単に自分が撮影した景色をUPすることが出来るのをご存知でしょうか。専用の360°全方位カメラを使う方法もありますが、iPhoneやAndroid『ストリートビュー』アプリを使えば簡単です。以前は「Photo Sphere Camera」の中のひとつの機能でしたが昨年 『ストリートビュー』として独立し使いやすくなりました。もちろん無料アプリですので早速インストールしてみましょう。
インストールが完了したら、Googleアカウントでログインし「ヒント」を参考に周りの景色を撮影してみましょう。自分の立つ位置をしっかりと決めたら、水平方向・垂直方向と回転しながら(黄色い丸印)にカメラを合わせていけば自動的にシャッターが切られます。全方向の撮影が完了すると下部のボタンが(グリーン)に変わるので中央のボタンをタップすれば360°パノラマ写真が生成されます。完成したパノラマ写真は一旦『非公開』フォルダに保存されますが、OKであればGoogleマップに公開します。公開が完了すると、プロフィールフォルダから自分のパノラマ写真を閲覧することができます。もちろん世界中のすべての人が閲覧できるようになり、閲覧された回数が表示されます。

屋外・屋内いずれでも撮影可能ですが、入り組んだ景色だとつなぎ目がギクシャクしてしまいます。晴天の広々とした景色が失敗も少ないので、チャレンジしてみてください。Googleマップに公開されると誰でも見ることができるので、人物や表札などが鮮明に写らないように配慮することも大切です。また、ひとつのパノラマ写真を完成させるためには何十枚も写真を撮らなければならず、時間の余裕があるときに行ってください。旅先の素敵なロケーションで撮影しておけば、旅の思い出としても役立ちます。リンクアドレスをメールで送ることもできるので、家族や仲間との共有も簡単に行えます。

現在、私は31枚のパノラマ写真をGoogleマップで公開していますが、毎日2,000回ぐらい表示されていてどんな人が閲覧しているのだろうと思いを馳せながらカウントが増えてゆくのを見るのも楽しみとなっています。
京都 伏見桃山城パノラマ写真をご覧ください。⇒ https://goo.gl/maps/6FemwyQAdKQ2
※下段に表示される画層をクリックすれば各地で撮影したパノラマ写真がご覧いただけますので、お時間があるときに覗いてみてください。

旅の楽しみがひとつ増えること間違いなしですよ。

                                                                                                                        トラベルワーカー 2016 TOPページ
iddimage_NewYear2016
新年明けましておめでとうございます。
今年も何卒よろしくお願い申し上げます。
旅行業界の皆さまのお役に立てるよう、今年も頑張ってシステムの開発・サポートを行わせていただきます。

昨年は円安で旅行業界(とくに海外旅行)にとっては追い風と期待していましたが、ISに関わる中東問題、パリなど相次ぐテロ、すっかりマインドが下がってしまった中国・韓国といい材料がなく厳しい年となりました。その反動で国内旅行はまずまずでしたが、中国をはじめとする訪日客の急増でホテルやバスの手配が難しくなり取りこぼした団体も多いのではないでしょうか。

さて2016年、皆さんはどのような目標を立て新しい年をスタートされますでしょうか。景気は徐々に上向いていると言うものの、まだまだ旅行業界にとっては今年も厳しい年となりそうですね。

熟年層の旅行も昔のようには期待出来ず、若者はゲームやスマホに興味を奪われ、なかなか一般消費者の『旅行』マインドが上がらないことが辛いところです。『旅行業』とは一言で言うと「旅に関わる情報を扱うサービス業」だと思います。交通機関や宿泊施設の手配だけを行っていればそこそこの収益が上がっていた時代はもう終わってしまいました。そのためにお客様のニーズに迅速に対応しタイムリーな情報を提供するためにはクラウド(IT)の活用は避けては通れない重要なテーマです。是非今年の大きな目標としてクラウドの活用にチャレンジしていただきたいと思います。

「クラウドの活用」でご不明点やご相談などございましたら、お気軽にお問い合わせください。皆さまのお役に立てるよう、頑張ってサポートさせていただきます。

今年一年の、皆さまのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

↑このページのトップヘ