Google ローカルガイド
Googleが運営している『ローカルガイド』をご存じですか?
お店や会社、観光地、観光施設などのクチコミ、写真を投稿するとGoogleの検索一覧画面やGoogleマップに自分が投稿した情報が表示される地域を応援するコミュニティです。世界中の一般人のローカルガイドが、日々膨大な情報を投稿しています。
Google検索画面やGoogleマップで検索バーに「アイディディソフトウェア」と入力し、試しに検索してみてください。そこに表示されるクチコミや写真のことです。
【Google検索一覧画面】                             【Googleマップ 検索表示画面】
Google検索 Googleマップ
ローカルガイドは無料で誰でも簡単に登録することができます。投稿したクチコミ、写真の数(ポイント)に応じてレベルが1から5まで上がっていき、レベルに応じた特典があります。
詳しくは⇒こちら
レベル2までは簡単になれますが、50ポイントのレベル3になると自分のプロフィール写真にローカルガイドバッジが表示され存在感をアピールできます。200ポイントのレベル4になると、Googleドライブのストレージを100GB 1年間無料で利用できます。(今年の7月までは1TBもらえました)最上位のレベル5になるためには500ポイントが必要ですが、レベル5になるとGoogleの社員と同じように一般リリース前にGoogleの新しいサービスや機能をテストすることができます。因みに私は先日 レベル5を達成し大変喜んでおります。

ローカルガイドになって観光や旅行に出かけた際、クチコミや写真をアップしていくことが楽しみになり、旅を2倍楽しめますよ。お客様に教えてあげれば喜ばれ、旅行の楽しみも増えるので一石二鳥ですね。
【追記】2017.6 ローカルガイドのレベルが1~10へ、獲得ポイントも変更されました。詳細は ⇒ こちら
Google 公認フォトグラファー
もうひとつ、このブログでも何度かご紹介しているGoogleストリートビューのお話です。
スマートフォンや専用カメラで撮影した360°全天球写真をGoogleマップに投稿してもローカルガイドのポイントが加算されます。そして360°全天球写真の投稿数が50を超え、Googleの要件を満たし審査に通ると『ストリートビュー 公認フォトグラファー』になることができます。今年の7月にGoogleから突然「おめでとうございます」というメールがきて私も公認フォトグラファーに選ばれました。公認フォトグラファーになると、ストリートビューのプロフィール写真に認定バッジが表示され、Googleの名前を使って店舗などの写真撮影(インドアビュー)を請け負うことができます。
詳細は⇒こちら

Googleから届いた嬉しいメール(公認フォトグラファーとローカルガイド レベル5)
IMG_7738     IMG_9144
国内・海外の観光地を日々回っている旅行会社の皆さんは、是非 ローカルガイド レベル5、ストリートビュー公認フォトグラファーを目指してチャレンジしてみてください。名刺や自己紹介に記載すると、お客様の信頼度もUPし仕事にも大いに役立つと思いますよ。