idd スタッフブログ

旅のお仕事に役立つ情報

カテゴリ: 日々のこと

9月は奈良方面(南部)によく出かけていましたが、10月以降は京都(南部)をよく散策しています。先日は、平等院で有名な宇治の街歩きを楽しみました。京阪電車の特急で中書島で宇治線に乗り換え15分程度で到着します。大阪から一時間足らずで、しっかり観光気分を味わうことが出来ます。
宇治と言えばお茶と平等院が有名で、駅から平等院の参道にはたくさんの茶店が並んでいます。
平等院にはシーズンなのでたくさんの観光客が訪れていて、中国からのお坊さんの団体も来ていました。皆さん、木蘭色の法衣をまとっていましたがスマホに夢中なのには少し笑ってしまいました。平等院は鳳凰堂が有名ですが、近代的な『平等院ミュージアム鳳翔館』という建物が印象的でした。これから紅葉も楽しめるので、出かけてみてください。
P1130756P1130762
P1130777P1130779
P1130791
P1130790
P1130805
P1130808
P1130829
P1130826P1130844P1130860

ここのところ奈良方面にウォーキングに出かけることが多かったので、この3連休は酒どころとして有名な、京都 伏見の街を散策してきました。
大阪(天満橋)から京阪電車で特急だと30分ほどで中書島(ちゅうじょじま) に到着。そこからきれいに整備された街並みを10分程度歩くと伏見の酒蔵の町に到着します。宇治川派流を昔ながらの十石舟で宇治川に面した三栖閘門(みす こうもん)までの往復1時間ほどの遊覧船を楽しめます。期間限定で三十石船も航行していますが、運行距離が長い十石舟のほうがお勧めです。乗船料 1,000円は値打ちがあると思います。
舟遊びのあとは、酒蔵が並んだ素敵な街並みを散策。坂本龍馬で有名な旅籠 寺田屋もあります。お洒落なランチを楽しめるお店もたくさんあって、どこに入ろうか迷ってしまいます。
四条河原町や先斗町、錦市場や祇園のように人で混み合っていなくて、ゆったりと街歩きを楽しめますよ。ぜひ一度、歩いてみてください。
P1120710P1120722
P1120764P1120775
P1120804P1120801
P1120749P1120750
P1120822P1120829





シルバーウィークも今日まで、皆さんどのように過ごされましたか。
天候にも恵まれ、行楽を楽しんだ方も多いと思います。

私は、連休中2度も奈良へ足を運びました。いつもは近鉄奈良駅を中心に散策するのですが、今回はこれまで行ったことがない南の方を回りました。最初は、万葉の古里として有名な『山の辺の道』をウォーキング、2度目は江戸時代にタイムスリップしたような『今井町』の街歩きを楽しみました。

どちらも大変素敵なところでした。皆さんも機会があれば、是非行ってみてください。

【山の辺の道】
天理駅を朝10:00に出発して、ゴールの桜井駅についたのが17:30過ぎ。途中あちこち寄り道したというものの、約20kmの道のりは結構な距離でした。神社仏閣、古墳、山道、里山、旧家の町並み・・・といろいろ変化に富んでいて面白いコースでした。要所要所に標識が立っていますので、道に迷うこともありません。曼珠沙華がきれいに咲いていて、大好きな烏瓜(カラスウリ)もたくさん見つけることができて初秋の大和路を満喫できました。
『山の辺の道』を詳しく知りたい方は、こちらのブログをご覧ください。
近鉄 八木西口駅から徒歩数分、飛鳥川に架かった蘇武橋を渡ったところに『今井町』があります。東西600m、南北300mほどのエリアに約500軒ほどの町家が整然と並んでいて、まるで江戸時代にタイムスリップスリップしたような錯覚を覚えます。
今から約500年ほど前にこの町は作られ、江戸時代には独自の紙幣『今井札』も流通するほど栄華を極めていました。「大和の金は今井に七分」と言われていたそうです。

↑このページのトップヘ